スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東医体2日目

【100mバタフライ予選】

この日1本目のレースだったけど、全国公から合わせたら7レース目だったし、予選が終わってから決勝まで2時間もなかったから、ここはできるだけ体力を温存して予選を通過したかった。



例え下の順位であっても構わなかったから、最終組の前の組までで一番速いタイムをずっと注意して見ていた。



決勝ラインは4,5秒かなって思っていたら、予想外にレベルが低くて、7秒を最低でも切れば大丈夫だった。



それを確認して、予選はセンターコースだったけど、空気を読まずにめっちゃ余力を残しながら泳いだ。



200mの最初の入りでいつも6秒くらいだから、それをイメージしてだいたい5秒を目指そうと思った。



最初の50mは本当力を抜いていたんだけど、ターンをする時に他の人を見たら結構引き離されていて少し焦った。



後半の50mも徐々に引き離されていくのが見えたし、さすがに最後の25mくらいでヤバいって思って、少しだけペースを上げた。



けど、力を入れようとしたら思ったように力が入らなくて、乳酸が身体中に溜まっているのがわかった。



これはヤバいと思いつつタッチをして電光掲示板を見たら、9位。



5秒だったから大丈夫だろうとは思っていたけど、予選の最終結果を見るまでは正直びくびくしていた(笑)



全体でも予選9位通過を見た時はホッとした。自分以上に周りの方が心配していたみたいだけど(笑)



でも不安材料だったのはその順位ではなくて、最後のペースアップで乳酸が溜まっていて上手く上げられなかったことだった。



これがすごい懸念材料で、決勝までずっと心配していた。



だから、予選後のダウンはいつも以上にたくさんやったし、レース前にはたくさんの部員からマッサージをしてもらった。



なんか気づいたら8人くらいでマッサージをしていてくれたらしくて、本当に感謝しています。



お陰様で、レース前は心身共にすごいリラックスして臨めました。



【100mバタフライ決勝】

そんな訳で、体力的に不安はあったものの、マッサージをたくさんしてもらったから大丈夫だろうとは思っていたけど、



この100mバタフライは200mよりも優勝が難いだろうとわかっていたし、メド継で良いイメージを作れなかったからレース前はすごい不安だった。



恐らく、今シーズンでも一番緊張したレースだったと思う。



今までたくさんの経験を積んできたから、普段のレース前はあまり緊張しないで臨めるようになってきたけど、これだけは本当に緊張した。



勝てるだろうか、無理かな、負けてもしょうがない、けどここで勝たないと東医体のバタフライ王者と言えない、勝つしかない、勝つ、絶対に勝つ!!



そんな心境でした(笑)



レース前はいつも通りに召集所で喋ったり、入場した時もできるだけ平常心を装って観客席に拳を上げ、極力いつも通りにしようと心がけた。



でも、やっぱり心拍数が上がっていたのがわかったから、なんとか深呼吸をして心を落ち着かせた。



笛が鳴り、少しの間、台の上で前を見つめる。



そして、スタートの合図と共に飛び込む。



ドルフィンキックはいつも通り8回。



が、浮き上がりで右腕が水に引っかかり、うまく勢いがつけられなかった。



それでもなんとかいつものフォームを維持しつつ、力を気持ち抜きながら最初から飛ばした。



1コースだったからターンをした時は全員の位置が見えて、自分が1位でターンをしたのが確認できた。



ターン後のドルフィンは5回。いつも以上に力を込めて、攻めた。



途中で水を少し飲んでしまって苦しかったけど、ラスト25m辺りからは死ぬ気で泳いだ。



身体中乳酸まみれで、本当にキツいって感じたけど、ふとマッサージをたくさんの部員にやってもらったことが頭をよぎり(←本当だよ)、ここで勝たないと男じゃねえ!!って思えて最後は踏ん張れました。



ラストの10mくらいは、本当に心の中で『勝つ、勝つ!!』って唱えながら泳いでいた。



それ程ラストは必死だったし、去年の北医体の200mFrのラストと同じくらいがむしゃらだった。



いつもの自分は、他の人の泳ぎを見ながらその人に勝とうと頑張れたけど、今回はいつもと違って、自分自身に勝とうという気持ちが強かった。



ベストとか記録は特に狙っていなくて、ただ、自分の今の力を出しきろうと必死だった。



タッチをした瞬間、右側を見たら誰もいなかった。



そしてすぐに電光掲示板を見たら、1'00"23と一つだけ表示され、優勝したんだとわかった。



ハーフスパッツでもこれだけのタイムを出せたことが信じられなかったし、苦手とする100mの競技でも優勝することができて、自分自身驚いていた。



プールから上がり、みんなに向かってガッツポーズをした時は、本当に気持ちよかった。



掲示のおっちゃんに、『予選で手を抜いていたのかい?(笑)』と皮肉を言われたことはまぁご愛嬌だろう。



今もあまり東医体のバタフライ王者という実感はわかないけど、よくここまで頑張れたなって、久しぶりに自分を誉めたいって思った。



完璧とは言えないけど、持てる力を全て発揮しての優勝。



これは格別だ。



また来年も、同じ興奮を味わいたい。



【8継】

正直、100mバタフライで優勝して気持ちが緩んでしまったのは否めないけど、割りとすぐに気持ちは切り替えられた。



自分の理想のフォームに近い形を全国公で見つけ、それを実践してみようと思っていた。



具体的に言えば、左のストロークを外側でしっかり体重を乗せて泳ぐこと。



そして、上下運動を極力なくすよう体幹を常に意識してフラットに泳ぐ。



シンプルだけど、とても大切なこと。それだけを考えながら8継は泳いだ。



今シーズンはあまり200mFrを泳ぐ機会がなくて、全然ペースとかも掴めなかったけど、最初の100mで力を抜きつつもこのフォームを意識して泳いだら、割りと良い感触がえられた。



最後までこのままのフォームで泳げたし、タイムも引き継ぎだけど8秒前半と北医体の8継とそこまで変わらないタイムで泳げたのが個人的な収穫。



まだまだ未完だけど、来年までにはフォームを固めて、200mFrでも東医体で優勝できるレベルに持っていきたい。



【打ち上げ】

卒業生の言葉を聞きながら、いろいろ思うところはあって、卒業生ひとりひとりにいろんなドラマがあったんだなって思った。



自分の主将シーズンに今の卒業生がいないと考えるととても不安だけど、残って共に頑張っていく現役部員を信じて、この1年は頑張ろうと思う。



次期主将挨拶は特に話すことを具体的に考えていなくて、話が右往左往してしまったけど、自分が目指す部活は端的に言うと、



『義務感を感じず、自ら頑張ろう・楽しもうと自然と思えるような部活。』



よくいろんな人に『杉山が主将やると練習とか出席厳しくなりそうだよなー。』と言われるけど、やる前からそんな偏見は持たないで欲しいと思う。



何もみんなでインカレを目指してる訳でもないし、競泳至上主義でやろうなんて思っている訳じゃない。



そうではなくて、部員の一人でも多くの人が、水泳・水泳部をもっと好きになってくれるようにサポートするのが、自分の目標のひとつ。



それにはいろんなアプローチがあると思うし、どれが正解だなんてわからないけど、それをこの一年間で示していければなと思う。



まぁ、ちゃんとした考えはいずれ幹部交代式にでも。



【総括】

今回の東医体は、大学水泳を始めてから掲げた大きな目標である『東医体優勝』を成し遂げられ、久しぶりに満足のゆく大会となった。



主将の下積み期間である副将の間に、最低でも北医体・東医体のチャンピオンにはならないとって思っていたから、その目標がクリアできてよかった。



今シーズンの感想を言うとまた長くなってしまうから、それはまた別の機会にでも書こうかな。



今回の東医体でひとつはっきりと言えることは、本当に楽しかった!!



またこの感動を味わいたい!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

桃子

ありがとう☆正直、優勝したいって思ってはいたけどあまり自信なかったんだよね。すごい緊張したし。でも、その緊張感さえ楽しめたし、最高の形で優勝できてめちゃくちゃ嬉しかったわ♪

新シーズンも近いけど、みんなで頑張ろうね!!至らない主将ですがどうか付いてきて下さいm(_ _)m笑

おめでとうございます!

東医体お疲れさまでした。そして、100fly、200fly優勝おめでとうございます!!勇太さんのこのブログをずっと楽しみにしていました。優勝することは決して簡単ではないし、本当にいろんな意味で強い人しか成し得ないと思います。すごく尊敬しています今度是非お話聞かせて下さい新シーズンも気持ちを新たに頑張りましょう!勇太さんが主将をつとめる新シーズンで練習することを楽しみにしています。
プロフィール

じょー。

Author:じょー。
コソコソやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
102853位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
4724位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。