スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北医体2

【200mバタフライ】

2バタは今シーズン長水路で泳いだ経験が記録会くらいだったからちょっと不安ではあったけど、自分の得意種目であるしライバルは大崎くらいだったので割りとゆとりを持ってレースに臨めた気がする。



自分のプラン通りに泳げれば絶対に負けないという自信はあったので、特に大崎を意識することなく泳いだ。



最初の50mは楽に泳いで31秒くらいで折り返すつもりだったから、予定通り。



50~100は勢いを殺さない程度に泳ぎながらも楽に、100~150はタイムを見ると思ったよりも落とし過ぎたな。タッチも流れたし隣を見ちゃったし。



ラスト50mはちょっとずつペースを上げていったけど、まだまだ全然上げれた。



余力を残してタッチしたけど、ビデオを見た感じ隣の大崎とは僅差で油断していたら危なかった。



北医体はレース数が多いから、2バタに関してはタイムを狙うよりも勝ちに行くレースに徹した。



余裕があれば大会新も狙っていたんだけど、やっぱり100mバタフライを控えてたからちょっと体力温存した。



まぁ、無事優勝できてよかった。



【2継】

普通にやれば2位に入れるだろうという自信はあったから、あまり心配はしていなかった。



1バタ前だから体力温存したかったけど、かといってそこまでして簡単に勝てる訳でもないので、頑張りました。



この1年はキックの強化をしたからスプリントには自信がついていたけど、もう少し速いタイム出ると思ったんだけどな。



うまくキックが入らなかったのが原因かな。これは東医体までに修正したい。



結果は全体で2位。東北は速すぎるので無視です(笑)北医に勝ったー!って感じで。



【100mバタフライ】

この日、大一番の種目。



自分自身200m程自信がある訳ではないし、秋田の星君は実力的には自分より速いし、東北の原田君は1フリで大会新出しちゃってるし、大崎もいるし、正直な話しある程度負ける覚悟はしていました。



特に原田君には勝てる自信がなかったから、ある意味そこで吹っ切れて2位でも良いから自分のレースに集中しようと心がけた。



結果、優勝。やっぱり他の人に惑わされず自分のレースに徹することが大事だね。



緊張はしたけど、ガチガチになるほどはしなかった。程よい緊張感ってのが大事だね。



ドルフィンキックの回数は前日アップの時に確認して100mの場合は9回に決めてたから、その通りにやった。でも、調子で距離も変わるから大会毎に確認した方が良さそう。



浮き上がりは良し。泳いでいる時はリカバリーで力を抜くこと、とにかく足でキックするんでなく腰でキックをすることを意識した。



あとは感覚的なことだけど、腹筋を横に広げるイメージ。伝わりにくいが、これができていると自然と腰からのキックができる。



今までは1バタで1分を切るには前半で28秒を割らないとダメだって言われていたけど、他の人が言うことに捕らわれず自分は後半勝負だと決めていたから、入りを28秒前半でいければ良いやと思っていた。したら上手いこと理想的なタイムで入れた。



自分のレースに集中していたからターン後は周りを見る余裕はなかった。でも、一瞬だけど先頭だったのが確認できた。



ターン後の浮き上がりはいつもは5回のドルフィンキックだけど今回は肺活量に余裕があったから6回。力を抜いて大きくしなやかに蹴れた。



浮き上がってからは入りと同じペースでしばらく泳ぎ、残り30mくらいで体力的にこれはいけると確信しペースアップ。



ペースアップというと誤解があるかな。詳しく言うとフォームを崩したくなかったから、腰からのキックは意識しつつ蹴る強さを上げていった感じ。



んでラスト15mくらいはピッチも上げていった。隣りは見ていないけど、自分より前にいるようには見えなくなった。でも、いつ来るかわからなかったからとにかく必死に泳いだ。



最後はタッチを合わせるのを忘れていて少し流れてしまったけど、タッチした瞬間に優勝したことをある程度確信していた。



振り返って電光掲示板を見たら一人だけ59"96。うーん、気持ち良かった!



世界水泳を見ていたからか、調子に乗ってコースロープの上にも乗ってしまった(笑)あれはちょっと粗相だったかな。でも、東医体でもやりたいな(笑)



いつもはレース後動けなくなるくらい体がガクガクになるんだけど、今回はそんなことなかった。もちろんめっちゃ疲れたけど、爽快感のある疲労感だった。



プールから上がって感動に浸ろうとしたら、一人の男が泣きながら抱きついてきたのには驚かされました。



その名はちゅばお(さん)。



自分以上に僕の優勝を喜んでくれて嬉しかったです。びっくりしましたけど(笑)



ちなみにその時の映像は僕の親がデジカメで動画撮っていました(笑)見たい人は言ってください(笑)



とにもかくにも、1分を切っての優勝は本当に気持ち良かった!



東医体も同じ興奮を味わいたいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じょー。

Author:じょー。
コソコソやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
102853位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
4724位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。