スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.7.15 北医体@平岸

東医体を終えた今、いろいろ思うところはあるけど、まずは北医体の感想と結果を。

種目:メド継【3位!!】
タイム:4'22"07
中尾-下山-杉山-伊藤
33"97
1'12"52 38"55(1.12.52)
1'45"07 32"55
2'22"48 37"41(1.09.96)
2'50"26 27"78
3'22"72 32"46(1.00.24)
3'49"39 26"67
4'22"07 32″68(59.35)

種目:200mバタフライ【優勝!!】
タイム:2'18"41
30"58
1'06"47 35"89
1'43"10 36"63
2'18"41 35"31

種目:2継【2位!!】
タイム:1'42"97
下山-箱崎-伊藤-杉山
24"99
51'53" 26"54
1'17"25 25"72
1'42"97 25"72

種目:100mバタフライ【Best!!魚新!!大会新!!優勝!!】
タイム:59"41
28"17
59"41 31"24

種目:8継【魚新!!3位】
タイム:8'44"58
箱崎-杉山-村松-下山
30"20
1'04"75 34"55
1'40"07 35"32
2'14"84 34"77(2.14.84)
2'43"46 28"62
3'15"80 32"34
3'48"80 33"00
4'19"20 30"40(2.04.36)
4'50"29 31"09
5'25"27 34"98
6'01"78 36"51
6'36"98 35"20(2.17.78)
7'04"52 27"54
7'36"44 31"92
8'10"59 34"15
8'44"58 33"99(2.07.60)


まずメド継。未だにメド継では1分を切れていなくて、ここでも1本目なのに切れなくて不本意だった。

ここで軽く59秒台を出さないと他のチームと差が付かないから、もっと1本目からタイム出せるようにしないと。

後半で32秒かかっているのを見た時は1バタが不安になったけど、水着が1番フィットするトップインパクトではなかったので、そこまで心配はしていなかった。

2バタ。北医体は自分の記録との戦いと言うよりは順位を狙っていくレースだから、タイムはそこまで気にしなかった。

あくまで勝つレースにこだわって、隣のskmt君に勝てばと思っていたから、反対側のOPENの速い子は無視して泳いだ。

つもりだったけど、最後の25mくらいで隣のOPENを抜かせると思って意味もなく全力を出してしまった。

まぁ、ギリギリ勝ったけど、もう少し割り切ってskmt君に勝つためだけのレースに徹していても良かったかなと少し反省。

ただここでOPENの選手でも負けたら気分的にモヤモヤするので、勝って気分よく泳ぎ終わることができて良かったかな。

水着はMXを履いてみた。けど、やはりトップインパクトには到底敵わないなー。腰があまり浮かなかったし、調整が上手く行かなかったのか身体が重くてかなりしんどいレースだった覚えがある。

150mの時点で隣のskmt君にもopenの子にも負けていたし、すでにかなり疲労があって、いつも以上にはスパートかけられないと思った。

それでも最後は力を振り絞って、タッチの勝負になると思ったからラスト5mからタッチを意識してピッチを合わせた。

最後はそのタッチ差でギリギリOPENの子をかわして勝てた。やはりバタフライでの最後のタッチは、紙一重での勝負では特に大事だなと実感。

しかしこのレースで体力を振り絞ってしまったから、まだ2レース目なのにかなりの疲労だった。

2継はアンカーだったけど、うちのキャプテンがなんとかリードをつけてくれるだろうとあまり不安なくレースに臨めた。

ただ、自分のタイムがしょーたと全く同じで、焦った。

チームとしては2位としてなんとかノルマは達成できたけど、うかうかしていたら自分のタイムも抜かれそうなので、これからはショートも頑張らなければ。

と、いつも言っている気がするので、ラストシーズンこそ頑張る。

ただ泳ぎながらもう少しタイムは出る気がしていたので、東医体ではこのタイムは少なくとも上回れると思っていた。

1バタ。これがこの日の最大の山場。

勝負は北部でも競った☆君になると思っていたけど、他大のチームもバタフライのレベルは上がっているから最低でも北部で出した自分のベストは更新しなければと思っていた。

水着はもちろんトップインパクト。自分は後半勝負だと思っていたから、最初の50は負けていても良いと思ったし、これは勝つレースと言うよりはベストを狙いにいくレースを心がけた。

それでも入りの50は遅くても27秒台を出したかったけど、思いの外出ずに28秒かかってしまった。

後半はもうがむしゃら過ぎて覚えていないけど、前に前にと言う姿勢とタイミングとかは少なからず意識した。

それとここでも最後のタッチが勝負になると思ったから、タッチだけは合わそうと思った。

1週間前にやったバッタ面の決起集会で、北医体ではバッタ面みんなでベストを出すぞと言っていたし、自分の1バタまでに全員バッタでベストを出してくれていたので、最後に、本当僅かだけどベストを更新して、そして大会新で優勝できて、心から嬉しかった。

これでバタフライは100も200mも大会新を持つことができたけど、タイムはまだまだショボいので、来年はどちらも大きく更新してみせる。

周りのライバルも年々レベルをあげてきているし、現状維持では負けるので、来年は勝って気持ち良く終われるように圧倒的な差で勝ちたい。

8継は、すでに疲労困憊だったけど、最後だし吹っ切れて泳げた。

北部での2分4秒が夢のようだったので、あれがまぐれではないと証明できるように最低でも4秒を出すつもりで泳いだ。

いつもそうだけど、自分は最後の50はタイム出せるけど、どうしても間の100mで無意識のうちに手を抜いてしまう悪い癖があって、まだそこが直らない。

この真ん中の100mで速くならないと東医体のライバル勢と同じ土俵には乗れないので、これは来シーズンの大きな課題の一つ。

ただ、最後の50mで30秒台を出すことができたし、引き継ぎだけどノルマの4秒は出せたから一安心。チームでもいろいろあったけど、なんとか3位に入れて良かった。魚新も4秒近く更新できたし。

レースはこんな感じ。レセプは一次会で飲み過ぎて二次会はずっと便器と仲良くしていました。おしまい。

北医体もあと一度か。寂しいけど、悔いのないように終わりたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じょー。

Author:じょー。
コソコソやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
177978位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
8073位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。