スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011~2012年シーズン総括

ラストシーズンに活かせるよう、昨シーズン1年を振り返ってみようと思います。

まず、昨シーズンは今までと違い副将、主将と言う肩書きがなくなり気持ち的に一段落したと言うのと、4年後期からは試験やCBT、OSCE、また5年からポリクリが始まり日常の中で勉強の占める割合が大きくなった事が大きく水泳にも影響があったと思う。

主将をやっていた時は1番水泳を頑張っているつもりではあったけど、今思うと主将としての雑務などの割合が多くて実際はそこまで水泳に向き合えていなかったのかなと思う。

実際に、1年間を通してベストが北医体の1バタだけであったし(これは初の1分切りで優勝と言うとても意味のあるものではあったけど)、大学で競泳を始めて以来ここまで結果が出ないのは初めてで戸惑った部分があった。もがいていたと言うか。

主将をやっていて最後はとても楽しく終えることができたけど、1年を通して見ると水泳を含め部活を楽しむことがあまりできなかったから、昨シーズンは結果にこだわらず水泳を楽しもうと思った。

ラストシーズンは大記録で終わりたいと言う願望があったし、その為にはラスト前のシーズンであまり気を張ってやるのではなく、気楽に自分にあまりプレッシャーを与えないようにした。

ラスト前の休養というかね。

でも、部活を休むと言う考えはなかったし、主将経験者としての責任も感じていたからこの1年間は頑張りすぎず、でも部活は休まずに楽しみに行こうと言うスタンスだった。

また1月には元日本記録保持者の原さんから水泳のアドバイスを頂き、自分の
フォームをまた新たに変えるキッカケにもなった。

それが契機か、2月くらいの練習で急に腰が浮いてくる感覚がわかり、また体幹を意識したフォームも徐々に固まってきて3月に大きなピークができた。

特に練習を追い込んでいた訳でも筋トレをしていた訳でもないのに3月の北海道春季(長水路)でサクッと1バタで1分が切れてしまった。

GW合宿あたりでまた調子が悪くなり調子が良かった頃の感覚が蘇らなくて暗中模索の日々だったけど、これまた急に感覚が取り戻せて6月のトライアルで短水路ではあるけど1バタ初の58秒を出すことができた。

この時が1番のピークだった。それ以降はまた感覚を取り戻すことの毎日だったけど、ピーク時の感覚は戻らず、でも具体的にどこを意識すれば良いかを言葉として覚えていたからフォームを意識することはできた。

そして北医体2週間前の北部で、体力的にキツイ中でもベストを0.5秒更新することができて、また2フリも3年ぶりにベストが出て、ようやく殻を破れた気がした。

時に2フリのベストは3年ぶりで感慨深いものがあった。

北医体は体力勝負だけど僅かではあるけどベストを更新できたし、東医体ではまた一皮剥けた記録を出すことができた。

最後の東医体でなぜここまでベストが出たのか、正直これと言った理由はよくわからない。

でも、GW合宿終わってからの筋トレで身体ができてきた実感はあったし、これが1番の理由かもしれないけど、単純にフォームが改善されたからかもしれない。

フォームと言うのは具体的に言うとキックのこと。うまく腰と大腿を使ったキックを打つことができるようになったこと、腰が浮くようになったことが大きかった。

フリーも、2年の北医体以降から去年までは選手の頃の悪い癖を直す為にキックのリズムを変えてみたけど、それがやはり合わなくて昔のリズムに戻してみたら、それがはまって2フリが劇的に速くなったんだと思う。

練習に関しては、普段の練習タイムは前年度よりもEN1、ATのタイムが格段と上がった。

これは2ビートがうまく入るようになったことと、バタフライで得た股関節からのキックと言うコツをフリーでも取り入れられたからだと思う。

EN1だったら100m,200mでそれぞれ16秒、35秒、ATならそれぞれ10秒、30秒を切るくらいで泳げるようになった。前年度に比べると100mで2,3秒速くなった気がする。

単純に、練習タイムがここまで上がったからベストが出たとも言えるだろうな。

自分の中では1月から3月までの定期試験、CBT、OSCEがある勉強がMAXでキツくなる時でも部活を1度も休まずに来たのが大きいと思う。

この時期にちゃんと泳げていたからこその今だと思う。

ただ、バタフライのフォームに関してはちゃんと練習していたけど、体力的な面での練習はことごとく逃げてきた感は否めない。

本来ならもっと練習の中でバタフライを入れた方が良いはずだけど、やっぱりキツイしS1指定がないとあまりやらなかった。

2バタのbrokenは結局1度もやらなかった気がする。これは特に反省。

総じて振り返ると、良かった点はフォームの改善、練習タイムの向上、筋トレ、メンタル面、悪かった点はS1の練習不足、水泳への取り組み不足。

ラストシーズンの具体的な目標は次に書くとする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じょー。

Author:じょー。
コソコソやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
177978位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
8073位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。